人気AV女優・レアものならお任せ下さい。

作品の見所を逃さずに解説します。

懐かしい美形女優と、希少動画しか置いていません。

もう一度見たい昔のAV女優

日本の景気が一番良かった1980年代。

 

そのあたりに登場したAV女優が忘れられません。

 

ちょうどTVアイドルの全盛期と重なり、

 

中森明菜や小泉今日子っぽいルックスの綺麗な娘とか

 

 

 

イケてるルックスの女の子が、たくさん出演していました。

 

 

 

TVに出られるアイドルを夢見て、AV女優になった女の子もいましたね。

 

 

 

風俗ではストリップ小屋が全盛期を迎え、そこに出演する女の子も大勢AVデビューしました。

 

体が軟らかくエッチが得意なAV女優が、オモテのビデオに出てしばらくすると裏ビデオが出回ったりして・・・

 

 

 

 

 

 

オマンコが見られる裏ビデオは、必須のアイテムでした。

 

当時人気が高かったAV女優の、裏ビデオのレビューを書いております。

 

※上記、各画像のAV女優に関する記事もあります。

裏ビデオの見所解説記事一覧

愛川瞳の性格 愛川瞳は1989年〜1990年頃に単体女優として活動していました。彼女へのインタビューを見るとお金と性に無頓着なだらしなさが垣間見えます。「報酬額を聞かずにAV撮影の現場に入る」とか「危険日なのに生中出しを平気で許す」とか、AV業界で食いものにされる典型的な女の子だったと言えるでしょう。業界の建て前はモザイクありなのでマンコ丸出しは当たり前でも、挿入をNGにするかどうかは交渉しだいで...

「武智鉄二」イズムの継承者 愛染恭子はAV黄金期よりも前の時代(1975年)いわゆるピンク映画の時代ににデビューした女優です。ただし普通の女優とは異なる点があります。ピンク映画の巨匠「武智鉄二監督」の影をひきづった女優ということです。女優兼監督 現在までに女優でありながら監督業もやっています。自分が満足できる仕事のために脚本も書けば物書きもする。つまりこだわりの人ですね。単なるマルチプレイヤーとも...

あいだももはアゲマンか? あいだももが登場した時代はアイドル系AV女優の全盛期。可愛いモデルがたくさんいた中で「あいだもも」の存在はひと際目立っていました。何と言っても同年代のアイドル菊池桃子に似たルックスだったことが大きかったです。芸名を「もも」にしたのはそのイメージ戦略でしょうか。プライベートでは高知東急と結婚し5年経って離婚。 この高知東急がタレントとして成功した陰にはあいだももの支えがあっ...

入るべきプロダクションを誤った女優かも 秋山美晴は1989年から1990年にかけて活動していたAV女優です。作品数が少なくレンタルビデオショップでも見かけることはありませんでした。当時の秋山美晴は、先鋭的すぎて一部のマニアのみに人気だった安達かおる率いる「V&Rプランニング」に所属していたとみられます。本稿で取上げる裏流出ビデオも当時の一般ユーザーには理解不能と思われる、化学繊維フェチなプレイが織...

ストリップ系AV女優浅井理恵とロック座 浅井理恵は1990年に活躍した美形のAV女優です。短い現役期間にもかかわらず流出本数は多いほうですね。所属していたダイヤモンド映像の末期に登場して、同社の経営不振が発覚する直前にVシネマや映画の女優業に転向したようです。大蔵映画や日活系の配給映画やレンタルビデオからのオファーがあったようです。エロシネマのほかにも任侠もの等々チョイ役の出演が多かったことと、浅...

本物女優になったAV女優朝岡実嶺が芸能界で成功を収めた背景 映画やTVの俳優に憧れてAV女優の道を選んだ女性は数知れず。でも、結局は望みが叶わぬまま終わることが多いですね。朝岡実嶺はAV女優からTV女優に進み成功できた唯一の女性です。デビュー当初から縁があったアリスジャパンはじめアダルトビデオメーカーの人脈を活かした意味で芸能人向きの女性と思われます。1990年代はビデオメーカーとTV業界はつなが...

業界ウケが良かった女優 浅倉ケイは1989年〜1990年に活躍したAV女優。ブレークこそしませんでしたけれど当時流行の美形な単体女優でした。ドラマ仕立ての作品が多い女優で、演技力は大根ではなくそれなりにこなす並レベルでした。とにかくルックスがS級でボディも絶品で、一応AV女優として求められる程度の「役作りもできます」という感じなのでしょうか。挿入はじめNG行為がいっぱいでも、それなりに業界ウケが良...

 朝吹ケイトといえば成人映画を賑わせたポルノスターというイメージが僕は強いですね。スレンダーなボディにとてもエロいオッパイをしており映画館に入ると勃起しまくりでした。ビニ本・裏本は見られたもののAVはまだ出始めの頃で、アダルトショップにはあまり置かれていなかったように記憶しております。 朝吹ケイトの”ケイト”は当時イギリスで流行のシンガーソングライターだったケイト・ブッシュ(Kate Bush)か...

淫乱女優を標榜した理由 麻生まみ(麻生マミ)は1990年〜1991年にかけて活躍したAV女優です。1991年にAV監督としてデビューしますが、これは1作のみで終わっています。ネタ作りのために監督兼女優というスタンスでAVを作ってみたものの、反響はほとんど無かったということでしょうか。その後はフェイドアウトしてしまったようです。麻生まみのキャッチフレーズと言えば「淫乱女優」です。当時見た修正済み作品...

有吉奈生子とアロックス AV黄金期でもその末期に多くのAV女優を囲い込んでAVを大量生産させたメーカーが二つあります。ダイヤモンド映像とアロックスの二大レーベルが当時のAV業界で美形女優旋風を巻き起こしておりました。アロックス専属女優の有吉奈生子も売れっ子女優の一人。アロックスと言えばきららかおりや五十嵐こずえがアイドル顔として有名ですが、有吉奈生子も人気がありました。絡んでいない時は少々地味です...

飯島飯島愛にとってのAV時代は黒歴史か? 飯島愛は1992年にAVデビューとウィキペディアには記載されていますが、これはたぶん間違いだと思います。1990年頃からやっていたはずですよ。彼女は36歳の若さで自宅にて変死体でみつかりました。ショッキングでしたねえ。なので遺族がAV女優としての経歴を黒歴史と考えてのことか、あらゆる記録が抹消されています。彼女が主演する多くのAVを制作したクリスタル映像社...

 五十嵐こずえはアロックスというレンタルビデオ系メーカーの専属女優でした。アロックスは潰れたのでたくさん流出ビデオがあるのかと思いきや、他の女優も含めほとんど確認できませんね。五十嵐こずえ作品は大半がアロックス時代のものなので、モザイク入りで市販されている作品も現在はわずかです。本記事で紹介するのは移籍後、セルビデオ系で潰れたメーカー(大陸書房か?)から流出したものと思われます。エロスもさることな...

愛くるしいロリフェイスとダイナミックボディAV黄金期を代表する美人女優 樹まり子は1989年〜1990年に活躍したAV女優黄金期を代表するような人気女優です。人気のワケはルックスとボディを見れば誰にでも納得がいくことでしょう。当時AVにハマった人ならほとんどの方はお世話になったのではないでしょうか。樹まり子の裏流出作品はどれも表では公開されなかった作品ばかり。未発売のものがほとんどです。樹まり子は...

究極の美乳女優 レンタルビデオで見ていた時代には、木田彩水といえば身体だけでも抜けるという印象でした。上の画像を見てもわかるように、もちろん顔も美しいのですけれど・・・。スタイルの良さがあまりにも抜きんでていたため、ルックスよりも身体に注目が集まってしまった女優さんでした。オッパイの美しさではAVの黄金期をとおしても1、2位を争うAV女優。オッパイの特徴としてはあたかもゴム毬のような球形のラインが...

 北岡錦は1991年にダイヤモンド映像の専属女優としてデビューして同社の倒産とともにAVを引退しました。出した作品のほとんどが廃盤となっております。 北岡錦といえば左肩にある錦鯉の入れ墨がトレードマーク。錦という名前は錦鯉から取ったものでしょう。彼女のAVを初めて見たきっかけは、刺青だったという人も多いのではないでしょうか。私も初めは「極道の彼女」でもデビューしたのかと思いつつ怖いもの見たさ半分で...

 当時はアイドル顔の女優がもてはやされていましたが、きららかおりは可愛い顔もさることながら演技がとても上手でした。人気・実力ともに5本の指に入っていたのではないでしょうか。なので台詞が多い名作ドラマが色々残っています。アロックスのエース 当時、綺麗で可愛い女の子ばかりを集めたアロックスというレーベルで最も人気が高かったAV女優です。アロックスの専属女優には他に五十嵐こずえとか午後野弥生といった綺麗...

可愛いだけが取り柄 具志堅陽子はダイヤモンド映像傘下のヴィーナスレーベルで1991年に活動していたAV女優です。ヴィーナスレーベルは生ペニス挿入がお約束だった豊田薫監督が主催していたので、当時この女優の作品もお試し的に見たことがありました。具志堅陽子を見た感じはAV女優として凡庸というかたいした魅力は感じませんでしたが、豊田監督の手腕で作品そのものは見る価値があったことを記憶しておりました。トリプ...

 クミコ・グレースは美人で身体も綺麗ですが、制作会社の事情により表AVは数点にとどまります。そして現存する裏ビデオは2つあります。その一つがサムライポルノです。エロビデオとしての完成度が高く、映像が綺麗で抜けます。もう一つはグリーンドアですが、博物的な価値はあっても綺麗な映像は残っていないので抜けるものではありません。なぜボンテージなのか クミコ・グレースといえばボンテージ姿しか思い浮かばない方も...

 ダイヤモンド映像(村西とおる社長)の専属AV女優のはしり。AV黄金期の幕を開けたAV女優と言ってもよい人物です。当時の黒木香は現役AV女優としてTV出演し一世を風靡した最初の女性と言えるでしょう。TVで見る彼女は正に知的な女性そのもの。横浜国立大学出身で話し方が上品で自分の考え方をはっきり打ち出し、かつ卑猥なこともしゃべる異色のタレントでした。今でこそTVには高学歴芸能人枠というものがあって、知...

午後野弥生の人気の秘密裏流出の背景 午後野弥生の流出ビデオは2本あって、そのうちの一つは映像がいまいちです。もう一つはとても綺麗なので本稿では代表作品として紹介しています。これらの作品がなぜ流出したのかというと原盤を所有している制作元のアロックスが倒産したからです。アロックスの奥出哲雄という経営者は同じくビデオメーカーのダイヤモンド映像社の村西とおる社長と交流があり、両社はオマンコモロ見えアングル...

もう少し細めだったら・・・ 五島めぐは1989年〜1990年に活動したAV女優で爆乳で乳輪が大きいというのが”売り”でした。五島めぐはガチムチで美形が好きな方には無くてはならない素材だったことでしょう。個人的にはポッチャリはあまり好きではありませんがムッチリは好きです。ただ、五島めぐがもう少し細めだったなら良かったのにと今でも思っております。オッパイのボリュームが半端でないのに垂れが無くて飛び出て...

ロリフェイスなトランジスタグラマー 小鳩美愛はロリフェイスなのに身体はクビレ・メリハリがあってオッパイもお尻も美しいですね。「トランジスタグラマー」という言葉は正に彼女のためにあるようです。現役当時はアイドルで彼女の4歳年上の「伊藤つかさ」を髣髴させるようで、僕もハマっちゃいました。伊藤つかさがブレークした10年後のデビューなので、タイムラグはありましたけれど。伊藤つかさ(上)と小鳩美愛(下)小鳩...

オマンコは見せるけれど本番NG 大場久美子に似た美形でスリムなのにオッパイもお尻もプリップリでスタイルが抜群です。この人も波瀾万丈な女性ですね。AV黄金期の草分け的な女優さんです。たくさんのビデオに単体女優として出演した後に、当時AV業界でもメジャーだった所属事務所の社長と結婚。でもいつの間にか別れてたんですね。で、現在は銀座の高級クラブ「Hitomi・K」を経営しているとのこと。ファンを優しく迎...

素晴らしいクビレと巨乳 冴島奈緒はエロいボディとクールなルックスで人気を博した女優です。ロケット型のオッパイと大きな乳輪がいやらしいです。身体でも顔でも抜くことができますね。裏ビデオもたくさん出回りました。 冴島奈緒の作品は映像は綺麗ですが、どれも本番が疑似挿入です。しかも疑似だとすぐわかるレベルです。よって本人としてはまさか流出するなんて、いささかも思ってもいなかったものと推察できます。当然なが...

 桜樹ルイはアイドル全盛時代と重なった「AV黄金期」の申し子みたいな存在です。美貌と美しい身体に加え「歌が上手い」というのはオナネタ的にも評価が高かったです。十八番である小泉今日子のナンバーで、カバーアルバムを出してもらいたかったですね。もちろんイクときの声なんかも入れて…。 アダルトビデオを見る限り、AVファンに対する表向きは芸能活動とAV女優業との二足のわらじでやっていく意思を表明しています。...

AVを踏み台にして、夢を実現した女優 1990年9月当時、美少女ものに力を入れていた芳友舎からデビューし、同社のエース格として活躍していました。清楚で男好きのするルックスと、均整の取れたボディが魅力でした。 挿入シーンはNGでオマンコは極力見せない主義。ヒットを飛ばしても途中でプチ引退。復帰作以降の発言などなど、白石ひとみの作品を見ていくとAVのお仕事ではなくて女優として成功をおさめたかった願望が...

希少な流出ビデオ 庄司みゆきは裏流出が少ない女優で、現在2本しか確認が取れていません。映像は両方ともとてもオマンコまで鮮明。いずれも一つのタイトルに収まっているので主要3サイトにて入手が可能です。あっさり顔の美人で細くくびれたウェストに大きなメロンのような形の良い豊乳がそそられますね。大きくてエロい乳輪がチャームポイントです。流出が少ない理由はマスター盤を持っているメーカーが健在だからです。今後、...

身体と演技が最高 飛び切り美人ではないけれど締まった身体が素敵な女優です。それと演技力がピカイチなので安心してみていられます。ちょっと地味な顔だけれど、AV女優としては中の上くらいのルックスですかね。男好きがするタイプの顔をしております。身体については絶品です。形の良い小尻でオマンコも綺麗です。オッパイもちょうど良い大きさで乳首がツンと上を向いており可愛らしいです。 彼女の演技は本物でその実力が買...

当時の裏事情 このビデオは無修正なのに公然と表の世界で頒布されていましたけれど、実際に持っている人は少なかったですね。1982年頃に僕は行きつけのアダルトショップで入手しましたが、そもそもが品薄でその後は目にすることがありませんでした。右の画像のとおりイイ女が犯されるシーンがあります。しかも無修正で右下画像(当方でモザイクを施しました)のようにオマンコの様子が細部までよくわかる映像が多くてガンガン...

久保純子アナに似てるかも 高橋ますみの裏ビデオを見て「誰かに似てるけど誰だったっけ?」と気になりました。それで思い出してみたところ、NHKニュースとか紅白の司会をやった久保純子アナウンサーの若い頃に顔が似ています。見る角度によっては有働由美子アナウンサーにもちょっとだけ似ているかもしれませんね。本稿で紹介する裏ビデオはオマンコとかケツの穴とかバッチリ見られますよ。クボジュンが好きだった方や女子穴好...

田口ゆかりというと清楚な役から悪女までこなす名女優。ただ、歩んでいる人生の浮き沈みが激しく壮絶ですね。ビデオでも薄幸で悲壮感漂う役柄が多いような気がします。将軍家光 田口ゆかりが徳川家光時代の大奥の女中になって、レズプレイやセックスシーンが満載。プレイだけでなくそこに至るストーリーや心の動きが緻密に映像表現されています。脇役までもが身体的に魅力溢れる女優ばかりなので抜けますよ。撮影セットも本格的で...

裏が秀逸な田中露央沙作品 AVはもちろんのこと出した写真集が人気だった美形女優の田中露央沙。彼女の裏流出ビデオはそれなりに数はあります。それというのも倒産したダイヤモンド映像の専属モデルだったからです。ダイヤモンド映像では生ハメが常識で結合部も見えるような撮影をしていました。そういう裏流出ビデオ(原盤)は闇でそれなりの値が付きますし、田中露央沙みたいな美人女優であればなおさらのことです。これを担保...

 露木陽子がAVに出ていた当時はアイドル系女優が全盛の時期で、その手の女優というと巨乳が目立ちましたね。単体女優としては貧乳に分類されており、貧乳枠で地位を確立した女優と言ってもいいのではないでしょうか。貧乳のほうが好きというユーザーはそれなりにいるもので、TVアイドルでも巨乳はバカっぽく見えると評するヲタクもいたものです。 AV女優においてもあまりにも巨乳過ぎると「大味」みたいな印象となり、胸が...

 豊丸は1988年にAV界に彗星のごとく現れて約1年半AVに出まくって引退した伝説の女優です。ブレークしたのは根っからセックス好きのドスケベで、過激なプレイにハマっていたためでした。デフォルトが淫乱なのでキツいプレイでも悲壮感が全くありません。豊丸の出ている作品を見ると、彼女の存在感に圧倒されてアブノーマルな世界に引きずり込まれる感じです。デビュー当時で既に20歳を超えていたので、太く短い女優生活...

 乃木真梨子はAV黄金期の真っただ中に、時代を象徴するメーカー(ダイヤモンド映像社)が抱えていたS級の単体女優でした。ただし出演作品はそれほど多くはなく、裏流出も2本だけです。また女優としての乃木真梨子よりも村西とおる社長夫人としての存在のほうがAV史上は大きいと言えるでしょうか。村西監督と乃木真梨子 乃木真梨子はダイヤモンド映像の村西とおる社長の奥さんです。そして村西社長は乃木真梨子を自分以外の...

元祖メガネっ子女優 村西とおる率いるAVメーカーのダイヤモンド映像がAV女優をTVタレント化して売り上げ増を図っていた時代の絶頂期に登場しました。AV女優だけれど芸能人みたいな感じでしたね。メガネタレントの時東ぁみに似ていると評されることもありましたが、個人的には野坂なつみのほうがめっちゃ美人で「メガネを掛けている」以外には全く似ていないと思います。引退後、たのきんトリオの野村義男と結婚したことは...

死亡の謎について 林由美香のAV女優人生は正に「波乱だった」と言ってよいでしょう。引退後のAV女優には、なりを潜めてしまう落ち武者タイプと一旗揚げようとする上昇志向タイプがありますね。林由美香は引退自体が仕掛けられたフェイクみたいなもので、その後もバンバンAV出演したり政党(AV新党)に積極的に参加したり常にアゲアゲな女性でした。それほど人気があったわけでもないのに、コンスタントに作品を数多く出し...

野球拳で素っ裸に 氷高小夜の顔だけで何発も抜けるぐらい大好きです。当時、ショートカットのAV女優では氷高小夜がナンバー1と思っていた方も多いのではないでしょうか。レンタルビデオ店では同じ作品が10巻ぐらい並んでいて「全部貸出し中」ということも珍しくなかったです。これは「ギルガメッシュないと」の影響が大きかったですね。番組内でAV女優を野球拳で素っ裸にしたり最も面白かった時代でした。僕は「ギルガメッ...

村西バブルの申し子 卑弥呼と言えばダイヤモンド映像でもエース格の存在。元ミス日本のふれこみにて鳴り物入りで登場しました。ギャラは1本500万円〜1000万円。笑いが止まらないほど売れまくったそうです。 卑弥呼作品の本数自体は少なく、全活動時期を通しても20本程度です。その割には裏流出作品がとても多いですね。この理由は卑弥呼が登場した時期がダイヤモンド映像社(村西とおる社長)の最盛期だったからです。...

 個人的には「筆おろし」してほしかった女優ナンバー1で、お姉さんっぽいキャラがたまらなく好きでした。皆さんはいかがでしょうか。面倒見が良くて頭が良くてもちろん綺麗で…、彼女の弟になって近親相姦してみたかったです。また藤小雪ほど自らのセックスについてあからさまに語った女優は他にいないことでしょう。藤小雪自身の言葉とセックス相手の言動をまとめると、繊細で官能的な名器をしているという結論に達しました。藤...

 はっきりした性格にもかかわらず人懐っこくて、ファンからも現場スタッフからも愛されていた女優さんですね。沢木和也との共演がとても多いことについて当時は不思議に思っていました。作品を見る感じでは、沢木が相手のときは明らかにモチベーションが高いですね。 冬木あずさはアロックスというアダルトビデオメーカーの専属女優でした。きららかおりや午後野弥生などと一緒で、アロックスの全盛期にのみ活動していた同社の稼...

星野ひかるの女優人生が短かったワケを考える。最強のアイドル系AV女優 星野ひかるは1990年〜1991年に活動した芳友舎専属の単体女優。人気・知名度がある割にには活動期間は1年に満たず「太く短い女優人生」だったといえます。数あるアイドル系AV女優の中でも星野ひかるは5本の指に入るほどのアイドル性を備えておりました。アイドル系としての資質を考えたときに、ルックスは綺麗なだけでなくアイドル顔であること...

本田静香と工藤静香の比較 本田静香のデビュー当時はちょうどアイドル顔のAV女優が流行り始めの頃でした。工藤静香っぽいルックスとスレンダーボディに惹かれて何本か見たのを記憶しています。本田静香と工藤静香は目元がよく似ていると思います。工藤静香はちょっとキツめの顔つきですが、本田静香は優しい顔つきをしています。右はFAIRY社より発売された唯一の流出DVDを飾ったパッケージ写真。本編映像で見る本田静香...

早咲きすぎた美形女優 舞坂ゆいは美形でありながらルックスよりも巨乳をセールスポイントとしていたAV女優でした。制作本数は多かったものの知名度はそこそこ。並の単体女優で終わりました。事務所サイドの売り出し方が下手くそだったのかもしれません。あと3年遅く生まれていたら「アイドル顔のAV女優」が流行の時期と重なり、もっとメジャーになっていたかもしれませんね。アイドルっぽい髪形がいかにも似合いそうな女優で...

 当時の松坂季実子といえば巨乳女優の代名詞でした。巨乳と言っても爆乳であり、こんなに大きなオッパイのAV女優は、史上初めて登場したと言ってもよいでしょう。ダイヤモンド映像がブレークするきっかけになった女優でもあり、どこが魅力で大衆受けしたのか振り返ってみることにします。 まず女子短大生ということで身体が若いので、乳が大きいだけでなく張りがありました。ルックスは一重まぶたで口元もセクシーで妖艶な顔つ...

 松本まりなはAV黄金期の入り口である1988年にデビューした美形女優です。可愛い笑顔は正にアイドル。若い頃と熟女になってからの顔を比べると、雰囲気がまるで違います。若い頃すなわちデビューから引退までの時期は、ちょうど赤江珠緒と長澤まさみを掛け合わせた感じのルックスですね。顔だけでも抜けるレベルです。特にフェラ顔がエッチで何度でもおかわりできるほどでした。右は若い頃の裏流出ビデオです。ワケあり再デ...

ブルネイ王室スキャンダルの裏側 1988年にAVデビュー。1年程度で引退。村上麗奈といえば「ブルネイ王室売春スキャンダル」を告白した件で一躍有名になりました。1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇の大喪の礼(お葬式のこと)でブルネイ皇太子が来日した際に、夜のお相手に村上麗奈を指名したとのこと。金額は数百万円と破格です。暴露当時はお葬式に来てまで女を抱くなんて「ブルネイ王室って助平な人たちだな」...

 森川いづみの裏流出AVは現在2本あります。流出が少ないのは版権を持っているメーカーのほとんどが健在だからです。表に出ている作品ではなく無修正を想定したビデオなので楽しめる内容です。ただし原盤ではなくて映像品質はそれなりですね。 森川いづみといえばロリ顔・スレンダーな女優の代表格でした。貧乳のモデルは当時は珍しかったです。それ以降のAV女優が多様化する先駆けみたいな存在です。あと10年遅く生まれて...

典型的なアイドル女優顔は石川ひとみ系 森村あすかの魅力は声と顔がアイドル系であること。ロリというよりは清楚系アイドル。この声で淫語をしゃべらせたら天下一品の逸材ですね。80年代に巷でもてはやされたアイドルの中でも、顔は石川ひとみに近いのではないでしょうか。石川ひとみが「まちぶせ」を歌ってブレークしたのが1981年で、森村あすかのAVデビューが1988年なので多少のタイムラグはあります。僕はレンタル...

時代の寵児だった憂木瞳異端でありながらトップ女優に上り詰める 当時、AV女優というのはどこかのビデオメーカーと専属モデル契約を結んで、その会社のために働かされるのが一般的でした。だから売れるかどうかは女優というよりも所属したビデオメーカーの力量に左右されることが多い時代でした。 一方、憂木瞳はデビュー当初からプロダクションへの所属のみで、ビデオメーカーとの専属契約は結ばずにAV女優活動をしていまし...

大人っぽい清純派 弓月薫は1990年から1991年までの一年間、ほんの一瞬出てきたAV女優です。所属期間が短かったためビデ倫系メーカーVIPの専属でありながら撮影は10本程度にとどまっています。関わったメーカーも倒産していないので、現在流出している裏ビデオも1本だけです。 裏ビデオも表ビデオも演技は上手なので作品は見応えがあります。頭の良さが感じられますね。ルックスはレベルが高くモデル体型だったこ...

吉川りりあは尻の形が綺麗で美脚。もちろんルックスも極上なので、まるでレースクイーンみたいな感じの女優さんです。当時は吉川りりあの尻が好きで好きでたまらなくレンタルビデオ屋に行くと真っ先にりりあのコーナーをチェックしたものでした。中でもお気に入りはコチラの作品。障がいを持つ夫の前では貞淑な妻の顔。別の男とエッチする裏の顔もありどちらもエロエロでした。車椅子の上でセックスシーンと寝取られシーンが楽しめ...