麻生まみの懐かしい動画レビュー

淫乱女優を標榜した理由

 麻生まみ(麻生マミ)は1990年〜1991年にかけて活躍したAV女優です。1991年にAV監督としてデビューしますが、これは1作のみで終わっています。ネタ作りのために監督兼女優というスタンスでAVを作ってみたものの、反響はほとんど無かったということでしょうか。その後はフェイドアウトしてしまったようです。麻生まみのキャッチフレーズと言えば「淫乱女優」です。当時見た修正済み作品での見所をズバリ言うとオナニーでした。男優との絡みもいいのですがそれよりもオナニー。バイブの過激な使いこなしに長けており演技ではない素晴らしいプレイを見せてくれました。当時「淫乱女優」を標榜していただけあります。もっとも現役時代はモザイク入りしか入手できませんでした。マンコへの挿入具合を確認する術はなかったので僕と同じ感想を持った人がどれだけいたかはわかりませんが…。本稿で紹介する裏ビデオではその辺りがバッチリ確認できますよ。

 黄金期の淫乱女優といえば第一人者は豊丸の名前が挙げられます。豊丸を機に淫乱女優が雨後の竹の子のように登場してきました。麻生まみはその後半の世代と言ってよいかもしれません。麻生まみのデビュー当時は可愛いAV女優はたくさんいましたから、普通に綺麗な子も何か特徴がなければ売れません。自分を売り込むために麻生まみは淫乱キャラを選んだわけです。本編でも本人が「淫乱はスケベの意味で、ハードはお下劣という意味」と言っています。変態的なプレイをとても嫌っていたため淫乱を強く打ち出そうとしていたフシが見受けられます。

エロビデオ撮影の過酷な実態

 麻生まみの裏流出ビデオというと一つしかありません。そのビデオはバズーカレビューという小さなインディーズレーベルが制作したもので、倒産した際に流出したようですね。突っ込みどころが満載で当時のAV女優が置かれていた環境が見えてきます。麻生まみはメジャーではないもののそこそこ売れた女優です。マネージャーが当然に付く単体女優。そんな彼女でも撮影現場では理不尽に扱われNG行為を強要される災難に見舞われました。その様子を克明に記したのが本稿で取上げる裏AVです。単体女優に企画女優のハードなビデオを見せて、同じことをやらせようという何ともエロい匂いのする作品です。帰ろうにも帰れない外房線沿線のド田舎(茂原)で、民家風のスタジオを貸し切り二日がかりで強姦的な撮影を強行しようとします。このスタジオはAV撮影では定番のロケ地で外観はお洒落なものの、近隣から苦情が来ないような辺鄙な場所をわざわざ選んでいるようです。

 始めは善人っぽく見える監督が実はAV女優を食いものにする酷い人間で、言葉巧みに麻生まみをドツボにハメていきます。撮影前に「たとえ酷い撮影であっても遺恨を残さない」約束をさせてしまう一方で「俺を恨むのは駄目だが、男優を恨むのはかまわない」とほざく狡猾な小心者。こういう劣悪な環境の中でカメラが回り始めます。「NGプレイをじゃんじゃん撮るぞ!」という雰囲気の現場に一人放り込まれるAV女優という惨めな存在。たくさんのAV女優をデビューさせ市場にアダルトビデオが満ち溢れた黄金期は、メーカー同士が凌ぎを削る過当競争の時代でもありました。酷い撮影は日常茶飯事だったようです。

レジェンドアイドル

 この作品はたっぷりオマンコが見えるのでおススメです。ただ見えるのではなく撮影してほしくないのに撮られてしまう、右写真のように屈辱感が漂う表情やNG行為中のオマンコの映像や喘ぎ声が満載です。前述のとおりの強制猥褻っぽさが見所となります。まるでAV女優が撮影中にレイプされているような臨場感。手錠を掛けられているので抵抗できないところがポイントですね。美形女優がNG行為中に絶望の喘ぎ声を上げ、言葉を荒げて叫ぶシーンがとても良いです。

(再生時間:108分56秒 ファイルサイズ:2529.0MB)

屋外露出

 地べたに仰向けになって開脚しながら、屋外での素晴らしいバイブオナニー。黒い地面に肌の白さが映えます。紐パンをほどき徐々に乱れた格好になっていきます。オマンコを膣口までカメラの前に晒しています。膣口にバイブをあてがうと、大きな亀頭を呑み込むが如く卑猥に挿入。淫乱を自称している麻生まみらしく狂ったようにバイブをピストンさせて悶えます。ある意味、男優との絡み以上に興奮しますね。
ハメ撮りの打ち合わせ

 和室でのインタビュー。今回のAV撮影に向けて二つのビデオを見比べてどちらのパターンが良いのか選ぶ話に。話の中で監督が「外でオナニーしたらいいんじゃない」という話をしたら喜んで乗ってきた。前述の野外露出はインタビュー後に男優の到着を待つ間に撮ったものだと推測できる。本人は淫乱な中にも芸術性のある作品がやりたいとのこと。

 私生活ではセックスは彼氏としているとのこと。強姦願望や縛って欲しいこともある。彼氏のザーメンは全部飲むという。ザーメンは出す人によって味が違うと言っている。麻生まみの味の好みは「薄くてうっすら甘い」のが良いとのこと。中には全然味が無い人もいる。コーヒーばかり飲んでいる人は苦いし、肉ばかり食べている人のはどろっとして糸を引くという。

 5Pとアナルセックスを打診されるが嫌な様子。「やったことが無いから」と拒否する一方で輪姦ならやられてみたいらしい。「強姦されたい女性ってけっこう多いんじゃないんですか」と言っている。

 AV撮影で強姦され屈辱感で泣いている女の子を見て、可愛そうだけど演出の一環と捉えている。カメラマンは鬼でないとできないらしい。ボカシがあるほうが出やすいけれど、法律が変わり無修正が当たり前であればそれはそれでいいという。

ビデオ鑑賞

 一本目のビデオ鑑賞。女性が顔に水を掛けられ顔をいじられビンタされるのを見て黙り込んでしまう。出ている女性は女子大生で歌手志望とのこと。身体を弄られながらオペラみたいな歌を歌わされる。なかなか上手。この男優が嫌味な言葉を連発する。「100万円もらって綺麗な仕事をしている女優もいれば、お前みたいに20万円で汚される仕事をしなければいけない女のいる」等々。口を使わずにザーメン入りのプリンを食べるよう命じられる。プリンを床においてぐちゃぐちゃに踏みつけ全部食えと言われる。美味しいと言わされて顔の掃除ということで水をぶっかけられてその後は性具で弄られる。なぜかBGMには時代劇(忠臣蔵)が使われている。感想を聞かれ「淫乱をアピールしたいけど、お下劣なことをやらせられるのは嫌だ」という。最後は出演女優への同情と自分がやることになった場合の恐怖心で涙してしまう。

 二本目のビデオは見始めると同時に「これはやらない」と言い切るが、最終的に二本目のパターンで食べ物の代わりに飲み物でやることに決定した。ただし監督からの絶対的な条件として「その場から絶対に逃げ出さないこと」「この撮影で恨んでもその場限りで自分(監督)とは遺恨を残さない」が示されて渋々約束する。「僕の年収よりまみちゃんの年収のほうがずっとよいんだから」と納得させていざ撮影の準備に入る。
 遅い昼食タイムに男優の事務所から監督宛に電話が入る。予定していた男優が熱を出して出演できないと言ってきたらしい。監督の「それはまずいよ」という言葉に相手側が折れる。現場が茂原(千葉県)にあり今からだと三時間後に到着とのこと。夜からの撮影になってしまう。裏方がいつ始まるのか気にしている声が聞こえてくる。監督の話ぶりでは今日と明日の撮影ということらしい。

NG行為にブチ切れる。

 黒い下着に手錠を付けた麻生まみ。「禍根を残さない」という念押しの下で撮影に入る。おもむろに男優が登場し愛撫を始める。「目を開けろ」「舌を出せ」と最初から命令口調。フェラチオ後はバックからズッポリとゴム姦。悩ましいポーズの連続。片足上げさせて丸見えポーズのまま男根挿入がいやらしい。ハメしろがバッチリ撮れていて現代のAVに通じるアングルが多い。

 男優が顔の上に腰掛けてアナルを舐めるように命令する。舌を入れろと言われ拒否する。その後、「まじめにやってるか?」「勃起してないのはお前のせいだぞ」と言われる。嫌がりながらアナルを指で徹底的に弄られる。アナルに指が入れかけられるたびに身体が反応する。「嫌あ、嫌あ、そこは・・・」と色っぽい声。男優の腕をつかもうとするがアナルへの凌辱は止まらない。

 監督が「だいぶ暑そうだから冷ましてあげよう」と、フェラチオ中に水をぶっかける。わざと怒らせたかったのか、それとも惨めさを演出するつもりだったのか・・・麻生まみの怒りの火に油を注ぐ結果に。もう撮りたくないとブチ切れる。「撮影はやらない!マネージャーを呼んで!」と暴れる。手錠を掛けられたまま抵抗して「ちょっと何撮ってんのよ!」と叫びながらもエッチ続行でレイプ状態に。男優が力いっぱい押さえつけてそれを麻生まみが振り払おうともがく。抵抗するほどマンコが丸見えになるという美味しいシーンを連発。カメラマンに「何撮ってんのよ。撮らないでよ。」と睨みつける顔がgood!!

 さらに「頭に血が上ってるね」とさらに水を掛ける監督。おそらく撮影中止を予測して、この際徹底的にNGシーンを撮ることにしたのかもしれない。そのお蔭でこの裏ビデオが出来上がったわけだが…。「冗談じゃないよ!」と化粧室に逃げ込む麻生まみ。裸で逃げ回りカメラマンが彼女の全裸を執拗に追い回す。締りの良さそうな尻を撮っていたらカメラを壊す勢いでパイプ椅子を投げつけようとする。インタビューで使われていた階下の和室に逃げ込む。

マネージャー登場

 マネージャーの三宅(顔にモザイクが掛かっている)が麻生まみから話を聞くシーンが収められている。本人はこれ以上撮られたくないわけだから、このシーンは隠しカメラによる盗撮であろう。手錠のカギを失くしたとのことで手錠をかけたまま状況をマネージャーに打ち明ける。水をぶっ掛けられたりアナルに入れられそうになったことを説明している。小声で話していてマイクには小さな声でしか入っていない。彼氏が二人いるとかプライベートな話も色々出てくる。時間を掛けて話した結果、本人の気持ちも穏やかになった。監督が下りてきて「NG行為をしないことをマネージャーがいる前で約束する。マネージャーに男優をしてもらうらしい。翌日の撮影はなしで「早く終わらせて帰ろう」と言っている。翌日共演する予定のAV女優の件等々含めて損害が出ていると思われるが、痛み分けという形だろうか。とにかく撮影は続行することに。女性スタッフがタオルを巻いてくれる。
撮影の続き

 場面はさっきの続きから。男優の態度は一転してSM的な言葉嬲りはなく愛撫中心。ただしカメラアングルはオマンコ中心の裏ビデオモード。マネージャーが何も言わないということは、事務所レベルでの話はついているのだろう。モザイクが掛かると信じているのは麻生まみだけ。男優が体調不良のため二回戦目は疑似挿入だった模様。次に男優がマネージャーとみられる男に変わりバイブで責める。身のこなしや体型からマネージャーに間違いないと思われる。この男優は他の麻生まみ作品への出演があるのでマネージャー兼AV男優なのだろう。こちらは真正挿入しかも生。蜜壺を突っつくテクニックとか仰向けのままフェラチオさせるポーズの見せ方等々、かなり上手な男優のよう。麻生まみも気持ちよさそうにセックスを堪能している様子。

 この男優は一回戦で顔射したあとすぐに二回戦目に入っている。一回戦も二回戦目も真正ザーメンで、濃くて量もそれなりにあった。単体女優付きのマネージャーともなれば、こういう事態にも対応できるよう日頃から備えているのだろうか。麻生まみからの信頼も厚いのだろう。二回目のフィニッシュ(顔射)では安堵した顔で口の周りのザーメンを舐めまわしている。

 

麻生まみを懐かしむ